学生時代の金欠デート

学生時代は授業料や下宿代を自分で捻出しなければならず、アルバイトにばかり精を出していました。幸い、大学の近くに、アルバイトを紹介してくれる施設がありました。その施設で、引越しなどの力仕事を中心にアルバイトを探したものでした。もちろん楽ではありませんでしたが、授業料や下宿代といった費用を稼ぐ以外にも、デート代を捻出するという目的もありました。このように、お金も乏しかったので、デートもお金のかからない場所が中心でした。アウトレットモールに出かけても、ウィンドーショッピングが中心で、実際に買い物をする機会は少なかったものです。また町の夜景を楽しむにも、入場料の必要のない、市役所の展望台によく出かけたものでした。移動もマイカーがなかったので、地下鉄やバスといった公共交通機関が中心でした。もっとお金があれば、車で遠いところにもデートに出かけたかったのですが、ない袖はふれません。それでも、今振り返ると、いい思い出です。