学生時代の釣りデート

学生時代に頭を悩ませたのが、どこにデートに出かけるかということでした。ショッピングや遊園地などにもよく出かけましたが、だんだんマンネリ化してきました。そこで思いついたのが、釣りに出かけることでした。幸い、学生辞代の下宿が海の近くでした。ホームセンターで簡単な釣りの道具を買って、防波堤釣りに出かけました。狙ったのはハゼでした。だれでも比較的簡単に釣れるので、大人から子どもまで手軽に楽しめる釣りといわれています。ハゼはてんぷらにして食べても美味です。釣りの入門魚ともいえるので、道具も高価なものは必要ありませんでした。さおも2,000円から3,000円の比較的安いものでも十分に使えます。結局、二時間ほどでハゼが30匹釣れたました。餌を少ししか買っていなかったので、餌切れになってしまったのです。つりをしている間は、二人とも無言になってしまいましたが、下宿に戻った後、ハゼをてんぷらにして食べたのを覚えています。