学生時代役にたった経験が面接の練習

学生時代役にたった経験が面接の練習です。中学校では高校入試のための面接の練習を授業として念入に行いましたし、高校の時には専門学校の面接の練習を、専門学校の時には就職のための面接の練習を行ったのです。
このように定期的に学校で面接の練習を行いましたので、面接のアピールポイントであったり、どのようにしたら面接で評価を上げる事ができるのかが分かってきたのです。
そのおかげで仕事関係の面接でもうまく自分をアピールする事ができました。

また、面接マナーにおいてもほとんどパーフェクトにできましたので、仕事関係の面接でうまくいく事ができたのです。
もちろん、事前に面接の練習をしたりしましたけど、やはり学校で定期的に面接の練習をした成果が表れたのかなと思いますので、かなり自分にとっては役にたった経験になってきます。
学校の先生も、こまめに面接でのアピールポイントを説明してくれましたし、学生時代に面接の練習をしたのはプラスになっています。