学生服の注文受付

大学生の頃、デパートの洋服売り場で、学生服(高校)の注文を受けるアルバイトをしました。
中学校で採寸できなかった方のために、店舗の方で個別に注文を受けることが出来たのですが、そこでの応対が、アルバイトの仕事でした。

店舗には、たいてい親子でいらっしゃいます。
親御さんの前なので、こちらも緊張しながらの対応になります。
まずは、お子さんに、見た目より一回り大きなサイズのジャケットや学ランなどを着てもらいます。
サイズが確定したら、伝票に記入していきます。
シャツやブラウスなどを何枚買うか尋ねて、枚数を伝票に記入し、合計金額を電卓で提示します。
現金の時は、レジでの作業がさほど難しくないのですが、カードでの支払いになると、最初は汗が噴き出るほどこわごわしながら、レジに向かっていたのを今でも覚えています。

その後、制服が入荷してきたら、各家庭に電話の連絡をしました。
受け取りに来られたら、中身を確認していただいて、お渡しして、一段落という形でした。
お子さんの入学の準備に協力できた貴重なアルバイトでした。