定職だけが立派ではないのです

短期のアルバイトには収入面で他よりも恵まれた条件の仕事があるものです。
イベント絡みは昔から人気がありますし、内容自体に興味があれば尚更志願者は多いと聞きます。
肉体労働でもそれは言えていて、長期では敬遠しがちな業種ですが数日ならと割り切る人も結構います。

配膳も良いですね。
それ専門で長くできる人はある意味セミプロ同然で、以前働いたフレンチレストランで人手が足りない時期にはよく助けてもらったホール係がいました。
時間があったので話してみると、バイト代が貯まると海外旅行へ。
資金が尽きるとまた帰国してレストランへの繰り返しなのだそうです。
仕事の腕は確かなものがあるのでリピートで誘いが来るようですが、聞けばどこも都内の有名レストラン、就職しようと思えばすぐにでも可能な能力を持っている方でした。

もし仕事だけに生きればかなりのポジションに行けるであろうに。
でも人はそれぞれやりたい事がありますし、彼のようにずっと世界を飛び回っているのが生き甲斐の人も気持ちだけは理解できます。
アルバイトを卑下する見方をされる人もいなくないですが、そんな生き方をしたい人には何とも有り難い選択肢なのです。