定食屋でアルバイト

大学4年生の時に、卒業旅行のためにアルバイトを掛け持ちしようと近所の定食屋でアルバイトをしました。
ランチの時間帯で昼間は店長と二人きりというこじんまりとしたお店でした。
店長は30代前半のイケメンで、働き初めはドキドキしていましたが、だんだん自分の中でとても面白い人なのだと思うようになりました。
昔、暴走族だったとのことで、その時の武勇伝やどれだけ女性にもてたかなどを自慢げにいつも話してくれました。
自分の周りにはいないタイプの人だったのでその話がとても新鮮でおもしろかったです。
学生でアルバイトでもしなければ知り合うことがない世界の方なのかなあとも思いました。
それでも料理の腕は抜群でとにかく何を作ってもおいしかったです。
メインはカレーやパスタ、サラダなどのバイキングでしたが他に和風の定食も作っています。
昔は暴走族でも今はこんなに立派にお仕事をしているという生き様も学生の自分にはいい勉強になりました。
ぜひまた、あの店長のカレーが食べたいです。