実行委員の思い出

学園祭といえば、私には大きな思い出があります。学園祭ではなく、私の大学では建学祭という名前が付けられていたのですが、建学祭の実行委員を私が担当していました。

その当時、実行委員はクラス委員から集められていました。クラス委員が一同に招集され、建学祭の実行委員を引き受けるかといわれ、実行委員という仕事に興味を持っていた私は引き受けることを承諾しました。

引き受けた後は、正直かなり後悔しました。と言うのも、建学祭に向ける時間がなかったのです。当たり前のことですが、建学祭の準備の時間は、自分で作らなければならないのです。学校側が時間を用意するわけではなく、自分で確保するものだと言う事を思い知りました。

慣れてなかった時は、準備のために徹夜・徹夜の連続でした。そのうち、やり方を飲み込んできたため、徐々に余裕も作れるようになり、学業に差し障るような事は少なくなりました。

苦労した甲斐があり、建学祭は成功に終わりました。あの時の成功の喜びと、成功までの苦労は一生の財産です。