家の近くの古くて小さな洋菓子屋さんで

 学生時代、当時住んでいたアパート近くの、個人経営の洋菓子店でアルバイトをしました。昔ながらのお店という感じで、店長とパティシエのおじいちゃんが一人、あとは販売や雑務を担当するアルバイトが一人という超小規模経営でした。
 基本的にパティシエのおじいちゃんとアルバイト(私)の二人で店番をするので、店番や商品の陳列、贈答用洋菓子の個装や梱包、店の掃除やレジ締めまで、全て自分でやりました。一見大変そうですが、全部自分一人でやるからこそ仕事の流れがわかるということもあり、仕事は覚えやすく、何より小規模なのでアットホームな雰囲気なところが良かったです。またパティシエのおじいちゃんが優しくて、お客さんがいなくなった時に、まかない仕様の特製ケーキやシュークリームを差し入れてくれるのが密かな楽しみでした。
 お給料はそんなに良くなかったし、ものすごく流行っているお店というわけではなかったけど、とても楽しいアルバイトでした。