家庭教師のサポート業務

私の親戚が家庭教師の派遣センターの仕事をしていました。そこで業務スタッフが足りないというので、アルバイトをやらないかと誘われました。家庭教師センターなので、てっきり家庭教師を募集していると思ったのですが、必要な人材は家庭教師をサポートする仕事なのだそうです。

実際に子供の隣に座って勉強を教える担当者ではなく、その時に使う教材を作る作業をやって欲しいと言うことでした。つまり、子供の能力に応じた専用の問題集を作るのです。既存の問題集からピックアップすることもありますが、能力に応じて問題のレベルを合わせるのです。

通常の学習塾であれば、子供が塾の勉強の進行に合わせる必要があります。なので、つまずいてしまう子供がいるとそこから後は学力が低下してしまいます。これをさせないために子供に合った教材を作るのが家庭教師センターの腕の見せ所なのです。

業務内容が分かって納得して仕事をすると、やる気も出るし集中してアルバイトをする事ができました。割と時給も良かったので良い仕事だったのです。