家庭教師のバイト

私は学生時代家庭教師のアルバイトをしていました。私が主に教えていたのが現代文と古文です。その他の学科もある程度はできていましたので、簡単な疑問程度なら答える事も出来ました。
私の進んだ大学は文系ですしそのなかでも日本語日本文学科なので、国語全般に関してはとても自信がありました。元々教えることに抵抗はなく寧ろやりがいを感じる方でしたので、このアルバイトは自分にあっていました。
私は中学生と高校生両方教えていましたが、需要が高いのは高校生の方でした。現代文はいいとしても古文で躓く生徒が多く、私も当時使っていた教材を持って行ってわかるまで丁寧に解説をしました。
答えを教えてしまうのと生徒自身に考えさせることのさじ加減が慣れないうちは難しかったのです。しかし自分が所属しているゼミの教授でしたり高校生頃通っていた個別塾の講師の指導法が生徒主体のものでしたので、自分もそれに倣いました。
その結果担当した生徒は自分で考える癖をつけることができ、古文の点数を40点上げることに成功できたのです。