富士山へ登る

今、話題になっている富士山ですが、私が最初で最後の登頂したのは、大学生の時でした。
ゼミでお世話になっている先生からのお誘いで、山梨にある別荘を拠点に、3泊での合宿を行うことになったのです。
ゼミの教授の別荘に・・等ということ自体が、私には驚きでした。
十数名のグループでの合宿となりましたが、別荘自体も決して小さくなく、教授の友人の方が、前日に河口湖で釣ってきたというマスを炭火焼きでBBQ。何とも優雅な話でした。
いざ、富士山登山当日ですが、5合目からスタート、8合目に着くころは夜も更け、雑魚寝が出来るような、施設に到着したのです。
教授を始めみんなで、やっとゆっくり出来ると部屋で休んでいたところ、なにやら強面の宿の人が来て、受付をしていない人間がいるとのこと、すぐに出てくれということで、私たちが追い出されてしまいました。
なんと、教授曰く、中にいれば、宿の人が受付に来るだろうとたかをくくっていたようで、普段、ホテル利用しかせず、しかも受付などの雑用は助手任せだったのでしょう、段取りが分からなかったために、さんざんな目にあったのですが、それでも無事登頂が出来、翌日の日の出は、今でもいい思い出となっています。