将来に繋がるアルバイト

求人情報誌を眺めているときには、時給の高いアルバイトを狙っていくことになりますが、将来的な自分のスキルのことを考えれば、できるだけ自分の将来像に近づけたジャンルのアルバイトを選ぶ方が有利になります。

どのような仕事であっても、これまで鍛えてきた自分のスキルが試されることになります。なので、正社員として仕事に従事する前にどれだけ同業種の仕事で鍛えられたかがポイントになります。

私の会社の上司がよく言うのが、大卒の人も大量に雇用するよりも、専門学生卒であっても長い期間アルバイトをしている人の方が断然使えるし、仕事の理解度や将来のビジョンもしっかりしているとのことです。

大学に進学する人の場合は、もっと上の企業を目指してる人がほとんどで、最大手に採用されなかった人たちが、中小企業に流れていくという状態になります。なので、会社に対する熱意がそれほど伝わってこないし、長期間仕事をしてくれるか分からなかったりするのです。