将来の為に

学生のみなさんが最後に必ず経験する就職活動。
最近では少しばかり景気がよくなってきたので少しずつ求人が増えています。
また、来年からは就職活動が4月からになり、活動期間が短くなってしまいます。
その為、求人自体は増えていても一回一回の激しい競争は変わらないでしょう。
そんな中、他の人たちとどのように差をつけるか、これが就活で最も必要なことなのです。
まずは、感性を学生のものから社会人のものへと変えていきましょう。
面接官は社会人です。そして、どうやって感性を変えるのかといいますと、新聞を読むことです。
日経新聞などの経済新聞を読みましょう。はっきり言って4年になってからでは遅いです。今から読みましょう。
日経新聞を読んでいたらなかなか意味がわからない言葉がたくさん出てくることでしょう。
その度にその意味を調べて理解しましょう。
それを数か月、続けていきましょう。そしたら、社会人の言葉を理解することが出来ます。
それが、私の思う、周りとの差のつけ方です。