尊敬できる先輩との出会い

サークルをやっていてもっともよかったと思うことは、尊敬できる先輩と出会えたことです。

私は高校から人付き合いがあまり得意な方ではなく、どちらかといえば狭く深い付き合いをするタイプでした。
そのため、大学に入ってからもなかなか友達をたくさん作ることは出来ず、かなり限定的な交友関係の中で生活をしていました。

そんな大学生活からは積極的にボランティア活動や他での交流などに参加することなど想像もできませんでした。

私が変わったのは、所属していたサークルでの先輩との出会いでした。
その先輩はとても交友関係が広く、誰からも好かれる性格でした。そんな先輩と1:1で話す機会があり、自分のコンプレックスである交友関係について話しました。すると先輩は『自分らしくあればそれでいいから、自身もてよ』と言ってくれました。
人との交友関係を意識するあまり、無意識に自分を相手にあわせようとしていたことに気づき、その必要性がないことを、この言葉から感じました。
それ以来、合わせることよりも自分らしさを表現することを意識し、交友関係は自然と良い方向へと流れていきました。

サークルでの出会いが人生を変えてくれるものとなったと思います。