小学校受験の塾が「ご紹介のみ」の理由

初めて小学校受験を目指す親御さんは、「ご紹介のみ」という受験塾が多いのに驚かれるかもしれません。紹介者がいないと入塾の際に親の面接がある、という話を聞くこともあるでしょう。ご紹介のみ、というのは、実は親御さんの人脈の広さやコミュニケーション能力の高さを見ているんです。小学校受験というお子さんの大きな試練の時に、必死になって情報を集められる親御さんや紹介者に「紹介してほしい」と頭を下げることができる親御さんは、それだけ人との関係が良好な証拠なんです。塾業界も学校同様モンスターペアレントには苦慮しており、対応の難しい親御さんはご遠慮願いたい、というのが実情です。ご紹介であれば、紹介者から事前にどんな人か情報も集められるので安心です。合格する親御さんの人脈は生活水準や価値観、学力も似ていることがほとんどなので、ご紹介によって合格者予備軍を呼び込むことができます。合格したいと思ったら、まず志望校に受かった親御さんと友達になって人脈を築くところから始めましょう。