小学校受験の考え方

現代では、大学への進学率が非常に高まり、私立高校なども人気を集めるなど高学歴志向が強まっています。特に都市部においてはその傾向は顕著で、早い段階から優れた教育を受けさせるために小学校受験を行うご家庭も増えています。
小学校受験は中学校受験以降の受験とは若干、意味合いの違う受験ですので、以下では小学校受験についてより深く考えていきましょう。

1.小学校受験は学力を見る試験ではない
受験というと、すぐに学力をイメージしてしまいがちですが、小学校受験は学力はさほど重要視されません。では、何が重視されるのかというと、日常生活の送り方や思考力・創造力などが基準となりやすいとされています。

2.親御さんも一緒に受ける受験
小学校受験では、お子さんだけでなく親御さんも面接試験に同伴したり、個別で受けることが少なくありません。これは、その親御さんが子どもに対して適切な家庭教育を行っているかを判断するために実施されます。つまり、お子さんだけでなく親御さんの方針なども小学校受験では重要ということになります。