就活でとてもありがたかったこと

就職活動を今思い返してみると、なかなか貴重な体験であったなと思います。基本的にそれまで自分の生き方を自分で決めてきたつもりだったので、就職活動も自分一人で方向を決めようと思っていました。
しかし、就職というのは、学生の身分で満足に仕事をした事もない若造には、かなり難しいものでした。
実際、社会に出て働くというのが一体どういう事なのか、全く判断がつきませんでしたし、社会に出た人は「社員になると、アルバイトと違って責任が生まれる」などと言っていたのですが、なんの事やらさっぱりです。具体的なイメージが沸いてこないのですね。
仕事が「辛さを伴う」と表現する人もいれば「楽しい」という人もいる。一体なにを信じればいいのか分かりませんでした。
そんな中でやはり頼りになったのは父や兄などの家族でした。就活について色々とアドバイスをくれ、働くというのはどういう事か教えてくれました。家族ですから、嘘や偽りはないだろうと思えましたし、すごく参考になったのを覚えています。