就活でのグループディスカッションの企業の狙い

就職活動では、いろいろな選考のやり方が行われていますけど、中でも序盤に行われるものとして、グループディスカッションがあげられると思います。これは企業側にとっては、1度に多くの人数を見られるということで、非常に重宝する方法だと思います。集団面接とグループディスカッションは本当に選考の最初の方で見られますけど、これは個人面接に向けて、より多くの人数を絞っていく必要があるために、最初の方は1人1人を細かく観察するのではなく、グループディスカッション等を通して、ある程度の人数をざっと見ていくというやり方がとられています。したがって、このグループディスカッションや集団面接では、あまりに酷い状態じゃないと落とされてることは少ないのではないか?と思います。この時点では、企業側も良い人を選ぶという作業ではなく、明らかにダメな人を落とす作業だと思うのです。したがって、グループディスカッションは気軽に参加してもらえれば良いと思います。