就活での電話では必ずメモを準備

就職活動では、応募する企業と電話のやり取りをするケースが多々あります。その1つは、企業に応募する時の電話です。
例えば就職活動の為に、色々な求人情報探していたとしましょう。ある時にとても良い求人の見つけたので、そこに応募する為に電話をかけるとします。その時に気を付けるべきなのが、必ず電話の手元にメモ帳を置くべきという点です。これは本当に大事だと思います。
電話をかけて、面接日時の約束を取ったとしましょう。ところが日時というものは忘れやすいもので、何月何日に約束したのかを忘れてしまう可能性があるのです。メモを取らずに電話だけでやり取りをしてしまいますと、「メモをとるのを忘れていた。何月何日分の面接だったかな」などという事態になってしまいかねません。
ですので就職活動で電話をする際には、必ずメモを手元に置いておいた方が良いと思います。
ちなみにメモは就職活動時だけでなく、内定後でも大事になってきます。会社で仕事を覚える為には、メモを取るのがとても大事になってくるからです。就職活動は、その予行演習の1つとも言えるでしょう。