就活ではアイコンタクトを意識すべき

就活の面接には、セオリーがあります。そのセオリーの1つは、アイコンタクトです。
誰かと話をする時には、一般的には相手の目を見ますね。目を伏せると、ちょっと自信が無いように見えるかと思うのですが。つまり面接では、それを見られる訳です。
確かに面接では、志望動機などを明確に言うのも大事です。またそれが理路整然としているかどうかも、見られる事になります。
しかしそれ以前に、上記のアイコンタクトは非常に大事だと思うのです。最低限、人事担当者の目を見て会話をするという「意識」が大事になると思います。意識をしていれば、自然とアイコンタクトもできるものだからです。
ただアイコンタクトに気を使って、お互いに目を見ているのも少々疲れてしまいます。そのため面接で見るべきなのは、相手のネクタイの結び目と言われています。ネクタイまで目線を落としても、特に問題はないでしょう。
逆に言うと、面接はネクタイを見ています。ですのでネクタイの結び方なども、また大事かなと思います。