就活では学生側も企業を評価する

就活というのは、企業側が学生を評価するものだと思われがちです。
しかし、本当の意味での就活というのは、学生側も企業を評価するものなのです。
つまり、「この企業で働くだけの価値はあるのか」、「従業員として働きやすい環境なのか」、それらをチェックすることも、就活では大事なことなのです。
もっとも、実際に働いているわけではないので、細かいことまでは分からないと思います。
ただ、例えば受付の対応であったり、各社員のモラルであったり、社内の清掃状況など、チェックできる部分はいくらでもあります。
もちろん、面接の時であっても、面接官の応対であったり言葉遣いなど、逆にこちらが面接官になったつもりで評価をすればいいのです。
まあ、実際はそこまでやる余裕はないかもしれませんが、そこまで自分を下に見る必要はないのです。
どうしても就活というのは、企業側の方が立場が上のように思えてしまいますが、決してそうではないことを覚えておくようにしましょう。