就活では志望動機を言えるようにしておく

就活では、最終的には面接を受ける事になります。かなり緊張する局面ですね。
ところで多くの企業の面接では、実は質問される内容はある程度決まっています。各企業によって面接内容に違いがあるように見えて、実は共通点も多いのです。
その中の1つは、志望動機です。この質問は、ほぼ全ての企業で行われます。
志望動機とは、その名称通り「なぜ弊社に応募をしたのですか」に対する答えの事です。少なくとも企業に応募をしている以上は、何らかの理由がある筈です。その理由をきちんと答えられるかどうかを、ほとんどすべての企業は見ている訳です。
対応策としては、やはり志望動機をまとめておく事だと思います。それも、なるべく説得力のある志望動機である事が好ましいかと思います。面接の前に頭の中を整理しておいて、どう言えば説得力のある説明ができるかを事前に考えておくのが良いでしょう。
また志望動機が明確であっても、その話し方も大事です。ボソボソと話すのではなく、面接ではそれを大きな声で話すのも大事になります。就活では面接に先立って、少なくとも志望動機を大きな声で言えるようにしておくのは大事だと思います。