就活ではSNSに要注意

LINEやTwitter、Facebookなど現代にはSNSが溢れ、本来であれば本人や親しい人しか知り得ないような個人情報が電子情報の中に無造作に置かれたままとなっています。
こうした個人情報が外部に流出している状態というのは、もともと良いことではありませんが、就活期においては特に注意が必要となります。何故かと言うと、企業側は面接等に来た学生のSNSをチェックしてそれも採用の判断にくわえているケースが少なくないためです。
例えば、面接や筆記試験などでは非常に良い成績を残し、ほぼ採用を決めていた学生であってもSNSを確認したところ不適切な言動を繰り返していたりする場合には、企業に採用した後、何かしらの問題を起こされてしまう可能性があると判断し、採用を取り止めるということなどが実際に行われています。
また、面接ではあたかもその企業を第一志望と言っていたにも関わらず、SNSで本命企業の名前などを挙げていたりすると、その時点で選考から漏れてしまうという可能性もあるためSNSには細心の注意を払っておくようにしましょう。