就活で履歴書を両親に見てもらった

私は就職活動に関して、ちょっと思い出があります。履歴書です
私が初めて就職活動をする時には、さすがにちょっと緊張しましたね。特に履歴書を書く時には、なかなか緊張した覚えがあります。生まれて初めて書く書類だっただけに、なかなか勝手が分からなかった記憶があります。
そして私は果たして自分が書いた書類は、人事担当者の目に良く映るかどうかが気になりました。書いている内容が妥当かどうか、気になって仕方がなかったのです。
そこで私は書いた書類を、両親に見てもらった記憶があります。果たして書いている内容に問題が無いかどうか、ちょっと客観的な意見を聞きたいと思ったのです。ちなみに両親からは、「良いのではないか」というコメントをもらったのですが。
このように就職活動で書類を書く時には、誰か第三者に見てもらう事は必要だと思います。私のようにご両親に見てもらうかどうかは別として、客観的な目線で添削をしてもらうのは就活では大事だと考えます。