就活においては緊張するもの

就活では、必ず緊張をする局面が到来します。どの局面で緊張するかというと、主に2つあります。
1つ目ですが、企業に電話をする時です。企業によっては、面接の予約を電話で受付けている所もありますね。あの電話は、慣れていないとなかなか緊張するものだと思います。
それともう1つは面接です。上記の電話応募の緊張は、実は何回か数をこなせば慣れてしまいます。ところが面接の場合は、何回経験しても緊張を伴うものだと思います。特に集団面接などでは、やはり緊張を伴うのではないでしょうか。時には大勢の前でスピーチを行わなければならない事もあるからです。
このように就活というのは往々にして緊張を伴うわけなのです。しかし緊張をするというのは、ある意味当然だと思います。特に何ヶ月もかけて企業を下調べしていたのでしたら、なおさら緊張するとも思うのですが。
つまり就活では、誰もが緊張をしている訳です。そして面接では、適度な緊張は却ってポジティブな効果があります。無理にリラックスをしようとする必要は無く、適度な緊張の元で面接に臨むのが良いと思います。