就活にはある程度経験が必要です

履歴書を送るにしても、面接を受けるにしても、何度か経験してみないと慣れないものです。
就活は一度や二度くらいは、失敗するものだと考えておくとよいです。
あとは、簡単にまとめる癖をつけておくとよいです。
面接の時間は限られているので、難しい内容よりも分かりやすい内容のほうがいいです。
長々話せばいいというものではありません。
面接官に問われたことを、いち早く答え出来る限り長く考えないようにすることが大切です。
あとは、就職先はどういう企業なのかを理解し様々な情報を比較したうえで選ぶことが重要です。
大手だから自分にあっているとは限りません。
企業は、複数あり時間があるならば面接などを受けてみるだけ受けてみるのもいいものです。
少なくとも、経験にはなるのでやって損することはありません。
また、内定がなかなか出なかったとしても焦らないことです。
焦ると面接などいろいろな場面でミスが出やすくなるものです。
いつでも冷静に判断することを忘れてはいけません。