就活に千載一遇のチャンス

ここ何年も就職活動をする学生にとって、非常に厳しい時代が続いてました。会社説明会への参加を繰り返し、面接に行っても落ちまくり、ついには就職浪人になったという人も相当数に上ります。そんな状況を表す言葉に就職氷河期と言う言葉があります。現在の長期にわたる厳しさは、その氷河が解けることなく、ずっと聳えているイメージでしょうか。しかし、そんな状況もやっと改善してきています。これは感触というだけでなく、実際、いろんなデータ、数値に表れてきているのです。もちろん、すべての業種が景気が良いというわけでは、決してありません。しかし、明るい兆しの企業がけん引力となって、就職状況が徐々に改善されてきているのは確かなようです。これは就活をしている人にとっては千載一遇のチャンスと言えるでしょう。このチャンスを逃すことなく、希望の企業、業種、職種につけるように頑張ってほしいものです。信じて行動する、それが大切なことです。