就活に欠かせないのは表現力!

就活に必要な能力の一つに、表現力が挙げられます。エントリーシートへの記入や面接時などで、きちんと自分のことを表すことは非常に大切です。実力はあっても表現力が乏しいと相手にも伝わらないので、それだけ就活も不利になってしまうのです。
表現力を鍛えるためには、本を読んだり文章を書いたりすることが必要です。空き時間に本を読む、今日あったことやニュースなどの出来事を考察してみるなど、日ごろから表現力を磨く習慣をつけるようにしましょう。さらに語彙を増やすために、わからない言葉や気になった表現は辞書で引いてみることをおすすめします。
また、表現する上で不可欠なのは、常に他者の立場になって考えることです。「これで伝わるだろうか」「誰にでもわかりやすい表現だろうか」といったことをいつも念頭におけば、独りよがりにならない表現ができるはずです。書いた文章を見直す時は、違う人になったつもりで読んでみると良いでしょう。
自分の言葉で語るスキルが身につけば、エントリーシートの書き方や面接もぐっと良くなるはずです。チャンスを掴むために、ぜひ表現力を磨きましょう。