就活に関することについて

就活とはサラリーマンになることです。会社に雇われて、お金をもらう代わりに仕事をするのです。こう言ってしまうと味気ない話になってしまうのですが、実際就職することにあんまり夢見たいことを考えない方がいいと思います。就職に夢を見すぎたり、期待しすぎたりしない方がいいでしょう。就活生のから聞く話に「自分が最も輝く舞台」とか「自分の夢を叶える舞台」などという話を聞いたりすることがあります。だが、現実の事業社会では、会社は従業員を使うために雇っているのであって、「どこで働かせるか」「どんな仕事をさせるか」といった裁量権は会社にあります。もちろん仕事を夢の為の手段としてとらえるのは、個人の自由ですが会社側に「自分のスキルアップの踏み台になること」を期待するのは論外です。仕事を通じてスキルを磨くのはいいけど、仕事は自分のスキルを磨くためにあるわけではありません。仕事をするということは、基本的には自分の知識、労力、時間等を会社のために尽くすこと、そしてそれによって対価を得る事だとも言えます。就活をする方はこういった現実も念頭においてて欲しいと思います。