就活に関する事について

就活とは「自分はなんのために働き、どこで自分を実現したいのか」の第一歩を踏み出す価値のある会社を決定し、その会社から内定を勝ち取る活動です。当たり前ですが、自分の為・自分にとっての社会生活の第一歩を踏み出すための価値ある場所を獲得するための活動でもあります。それでは、働くとはどういうことなのでしょうか。多くの就活生にとって、働くとは組織の一員として働くことを意味し、組織にはいろんな人がいて、いろんな思いがあって、そんな人達が造った組織の雰囲気があります。きれいごとでは済まされない場面もあり、感情的な人物に直面することもあります。実際の雰囲気や文化は、会社説明会やOB,OGの人達に会って聞いてみてもよく分からないものである。本当のところは、組織の一員になって社員の人達と一緒に働いて見ないと分からないのです。これが現実の世界であり、就活に在っては今の自分が把握できる現実の認識から始めることです。「自分が働くとは、その目的とは」についてよく考え、認識がないと入社してから悩むことになるのです。