就活のグループディスカッション対策

最近では、就活における面接も多様化してきており、以前のように1対1または2対1といった面接以外にもさまざまな面接が見られるようになってきています。中でも多くの企業が2次試験辺りに取り入れているのが、就活生同士で与えられたテーマについて議論し合うグループディスカッションです。
通常の面接は得意だけれど、グループディスカッションが苦手という人も少なくありませんので、以下で簡単な対策をチェックしておきましょう。

1.調和を意識する
グループディスカッションにおいて自分の意見が通れば評価が高いと考えている人がいますが、これは大きな間違いです。グループディスカッションとは、グループ内の意見を集約し、円満に結果を出すことが最大の目標ですので、他人の意見を排除して自分の意見を述べれば良いというものではありません。

2.説得力を持たせる
また、自分の意見を述べていく際に注意したいのは、話に説得力を持たせるという点です。なぜその意見に至ったのか明確に根拠を示しながら他人が納得するように話していくように心掛けましょう。