就活の体験について

私の所属していたゼミは意識の高い学生が多かったため、大学3年生になると
サブゼミの時間に皆で就活の話をし始めていました。
その頃から自己分析はしていたつもりでしたが、私は公務員にも興味があり、
新聞社や出版社などのマスコミ業界にも興味があり、大学院への進学も視野に入れていたので
なかなか絞りきれていない状態でした。

結局、公務員試験対策の通信講座を受けつつも就活を始めました。
公務員試験のこともあるので、受けた先はインフラ系と新聞社とメーカー何社かで
全部で20社くらいでした。
私は新聞社の校閲の仕事にも大変興味があったので、校閲職を受けました。
新聞社は筆記試験は全部通ったものの、面接で落とされてしまいました。
ほかの会社も全部だめで内定は出ませんでした。

そんな時に金融に内定をもらった友人に金融も良いよと勧められたので、色々調べて
秋採用で金融も何社か受けてみました。
そのうちの1社から内定をいただいたので、これも縁かと考えて
とりあえず行くことにしました。

当初と方向性は変わってしまいましたが、入ってからとても良い経験ができたので、
金融業界に就職してよかったと思っています。