就活の圧迫面接対処法

就活生の方であれば「圧迫面接」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。圧迫面接とは、面接官側が面接者のストレス耐性やコミュニケーション能力を図るためにわざと高圧的な態度や質問を行う面接のことです。

さまざまな面接形式の中でも特に就活生にとって難しいものです。
就活生の中には、こうした高圧的な態度を取られると、反射的に反抗的な態度を取ってしまう方もいます。

が、これは見事に面接官のワナに嵌ってしまったという形で、基本的に採用は見送られます。また、圧迫面接に耐えられず萎縮してしまったり、自虐的になってしまうことも対応としては正しくなくマイナスの評価となってしまいます。
では、圧迫面接ではどんな態度を取ったら良いのか?と言うと、最も重要な点は冷静さです。今行われている面接が圧迫面接であると、早期に判断して面接官の言動や質問に振り回されず、落ち着いて態度と返答を行っていれば、圧迫面接を上手く切り抜けることができます。