就活の基本「履歴書」作成のポイント~通過率を上げるために

就活の成否を左右するのが履歴書です。特に大きな企業などを志望する場合、面接の前に履歴書で落とされてしまうというケースも少なくありません。そんなことにならないように、履歴書は「ベスト」のものを作成するようにしましょう。
もっとも大事なポイントは「ていねいに書くこと」です。当たり前のようですが、実際には慌てて書いたような印象を与える履歴書が少なくないのです。
一字一字思いをこめて、「自己ベスト」と言い切れるようなていねいな文字を書きましょう。訂正はNG。一字でも書き間違えたら、最初から書き直すようにしてください。「履歴書の訂正の仕方」のようなノウハウはありますが、採用する側にしてみれば、「書き直す手間を惜しむような人は、仕事でも同じように骨惜しみをするだろう」と判断するのです。
また、できるだけ空欄を作らないこと。そして、欄外まではみ出して書かないこともポイント。欄外まではみ出すのは、それだけ伝えたいことがたくさんある証拠、一見良いことのように思われるかもしれません。
しかし、これも採用サイドは「決められたスペースの中に収められないというのは、社会人として不適格」と考えるかもしれません。
社会人が作る書類は「量が多ければいい」というものではないのです。どんなに伝えたいことが多くても、それを頭の中できちんと整理しておけば、スペース内に収められるはず。「整理力」は社会人に不可欠な能力です。
欄外にはみ出してしまった場合は、一度整理して、やはり最初から書き直すようにしましょう。