就活の流れ

ここ最近、就活という言葉が爆発的に流行し至るところで用いられていますよね。一般的に就活とは、学生が企業に就職するために行う活動のことを指しますが、これは単に応募や面接のときだけを意味する訳ではありません。

現在では、昔に比べると就活が始まる時期というものが非常に早くなってきており、早い段階から取り組んでいかないと希望した企業に就職することは困難なのです。

では、早い段階に行っておくべき就活にはどういったものがあるでしょうか。主に就活がスタートするとされているのが、大学3年目の春頃から行われ始める大学の就職ガイダンスおよび各企業が大学で行う説明会です。就活を始めたばかりであまり知識のない学生にとってこうした活動に参加することは非常に重要なポイントですので、必ず参加するようにしましょう。

また、その後には夏休みから冬休みまでの期間ほどにインターンシップを募集する企業が多くみられます。。インターンシップに参加することは、企業を実際に体験できるほか、本来の面接時にそのことがアピールポイントともなるため大切です。

こうした事前の活動を経てから、本番となる企業への応募や面接に向かっていくことになります。