就活の為には面接数が大事

就活では、数が重視されると思います。数というのは、面接を受ける会社数の事です。
以前に私の知人は、就活に関してかなり興味深い事を言っていました。100社ぐらいは面接を受けるべきという一言です。
100社というのは、聞くからに非常に多いですね。それだけ多くの企業に対する面接を受けるのは、確実に大変だと思います。
しかし知人の話は、正論だとも思います。やはり少しでも多くの企業に対する面接を受けた方がベターだと思うのです。
10社に対する面接を受けるのと100社では、やはり内定される見込みも大きく違ってくると思います。もちろん後者の方が、内定される見込みが高くなる事でしょう。さすがに100社も面接を受ければ、どこか1社には合格すると思います。冒頭で申し上げた数というのは、そのような意味です。
100社というのは多少オーバーだとしても、数多くの企業に対する面接を受けるという考え方が大事だと私も思います。その姿勢は大事なのではないでしょうか。