就活の面接で私がアピールしたこと

企業の面接では、自己アピールなどをどんどんしていかなければなりません。
学生時代にはどんなことに熱中したかというのをいろいろな企業で聞かれるのですが、多くの学生はバイトやサークル、留学などといった回答をしていましたね。
私は目立ちたいからというわけではなく、特にバイトやサークルに熱中したことがなかったので株をやっていましたと答えました。
すると面接官たちはみんな興味を持ってくれ、株についていろいろと聞いてきたのです。
株の知識は他の学生よりあったつもりなので淡々と回答していたら、複数の企業で内定をもらうことができました。
今の面接官たちはマニュアル通りに回答する学生たちに飽き飽きしているらしいです。
なので一風変わった回答をした私に目がとまったのかもしれません。
最初はバイトやサークルをしていなかったことを後悔しましたが、このような形で成果が現れたので良かったです。
株をやっていたおかげで経済について勉強できましたし、学生のうちから投資に興味を持つことは良いことですね。