就活の面接の後にお礼状を執筆

就職活動では、人事担当者から好感を覚えてもらうのがとても大事になってきます。面接では、やはり人事担当者に対する好感度はとても大事だと思いますね。
ところで就活で好感度を上げる為には、幾つかコツがあります。その中の1つがお礼状です。
上記のように面接を受けたのでしたら、必ずその日の内に手紙を書いた方が良いです。といっても、特に難しく書く必要はありません。「面接のために時間を割いてくれた」のを感謝する事を、一筆したためる方が良いでしょう。
そしてそのお礼状を人事担当者に提出する訳ですが、その方法は郵送がベストです。まかり間違っても、面接のその場で手渡すべきではありません。もちろんメールではなく、手書きの書類です。面接を受けて会社を出たら、ポストに投函するのが良いと思います。
意外とこのお礼状を執筆している方は、少ないそうなのです。少ないだけに、それを行えば目立つと思いますね。また人事担当者からも、好感を覚えてもらえる確率が高まると思います。