就活はなりたい自分の姿をいかにイメージするかで決まる

就活においては、常に目標となる自分をイメージしておくことが描かせません。自分にとって何が自分であり、そして何が自分ではないのか、すべての面においてフラフラしている人はまともに企業を選ぶことができないばかりか、就職時にも面接や試験で落ちるなど良い結果は求められない傾向があります。
そうした事実は存在しないとたかをくくっている人に限って、とにかくイメージがふらついて良い結果にならないことがありますから、これらはこれまでの就活経験者が培ってきた事実なのです。
これを重く受け止め、自分にとってもイメージが大事なのだということをしっかりと言い聞かせた上で、いかにしてよりよい未来をつかみ取ることができるか、成功した自分を思い浮かべることが大事です。
自分にとっての未来とは何か、いい生活、夢を掴んだ将来とは何か、それらを全て実現した将来を思い浮かべることこそがイメージとなって浮かんできますから、それらの理想を追いかけたいということを理由にして就活に望めば、きっとよい返事を貰うことができるでしょう。