就活は夏頃からいよいよ本番と思った方が良い

就活で、夏くらいの時期までに内定が出ないとちょっと焦ってくる人もいるかもしれません。ただ、焦る必要はそこまでないと思います。というのも、夏を境に1人で何個も内定を掻っ攫っていく内定コレクターの人たちが少しずつ消え始めるからです。こういう優れた人たちがいると、それだけ自分が内定をとれる可能性は低いですけど、夏くらいの時期からようやく彼らも少しずつ撤退してくるというか、いよいよ彼らの就活も終焉を迎える時期になってきたということなのです。すると、そういう飛びぬけた人がいなくなり始めた頃からが本当に勝負となる人も多くいるのです。そういう人がいなくなれば、相対的に自分でも内定をとれる可能性が高まります。逆にこの時期にちょっと諦め気味になってしまうと、ようやくチャンスが巡ってきたのに、そのときにチャンスを逸してしまう可能性があるのです。それはもったいないですよね。だから、この時期にはもう1度気合を入れなおして頑張る必要があるのです。