就活は学生時代の活動ノ集大成。

就職活動を必死で頑張っている学生は、どんな思いで気持で臨んでいるでしょうか?
ある高校生が、人生で初めてアルバイトをした時の言葉です。
「仕事って、勉強やクラブ活動と違った遣り甲斐を感じるね。その上、お金までもらえるのだから素晴らしい。」

こんな言葉を耳にした時、働くことの喜びを肌で感じ取ったんだなと思ったものです。

ここには、遣り甲斐を通して自分の中に喜びを手にした人しか味わえない物があると思うのです。

しかし、これは高校生の話です。
これに大学生になると、より多くの経験やノウハウが自分に蓄積されていくものです。
ある大学教授の言葉がテレビデ出ていました。
「自分の研究をゼミ展学生に出きるだけ学び理解してくれるように務めていますが、この研究室で育っていった子供達が社会してけれると嬉しいですね。」

大学生であれば、先程の高校生以上に多くのものを経験しているはずです。

だからこそ、その経験やノウハウを仕事を通して社会貢献に役立てて欲しいのです。

よって、就活は学生生活の集大成で自分を積極的にアピールする場所なのです。