就活は無理やりするものではない

高校や大学を卒業するとともに検討しなければならない就活ですが、人によっては就活が待ち遠しく感じたり、はたまた「働かなければいけない」という義務感だけで就活をする人もいることと思います。

ですが、就活は無理やりするものではありません。もちろん働ける人は働くというのは社会のスタンスですが、就活は無理やり仕事をするためにするものではありません。自分のしたい仕事を探すためにするものです。

昨今は就職氷河期と呼ばれ新卒生の就職率が下がっていると言われていますが、それでもめげずに就活をしている人の殆どは自分のしたい仕事に近づく努力をしているために倍率の高さで落ちてしまう機会が増えているのだと思います。そう思うと就活に成功しないとされる人々も立派だと思います。それよりもやりたくもない仕事をただ入れるからだけで選んでしまうほうがよっぽど後にも後悔を生んでしまうと思います。就活は妥協によって成り立つものではないと再認識が必要だと考えます。