就活は行き詰ったら見方を変える

学生の就職活動はどうしても画一的になりがちだと思います。その割には採用基準なども受験のように明確ではなく、分からない場合も多く納得がいかないということもあります。人気企業などに採用されるのは優秀かどうかも要素としてありますがくじに当たるような確率の低さになってしまいます。面接での人物評価などもあり努力がそのまま報われるとは限りません。そういう中で不採用通知が続くと自信もなくしがちになりますが、企業からの採用は努力だけで勝ち取れるものでもなく相性であったり、タイミングであったり、運で合ったりすることを考えると思いつめるだけ無駄だとわかり、気持ちを切り替えることも大切です。長い人生には起業することや全く違った道へ進むことも選択肢であることを心の隅においておけば就職活動の見方も変わりモチベーションを維持しながら続けられるのではないでしょうか。淡々とやるべきことをやっていくというのは就職活動だけでなくこれからの人生でも役に立つと思います。