就活をするときに考えること

就活をするのは学生だけではありません。
大学を卒業してから就活をする人もいますし、高卒やその他の人も就活というのは経験しているわけです。
就活とは就職活動ですから将来を選択する方法の一つです。

間違えてはいけないものではありませんが、今までの学校の受験とは違う最も自由な選択肢だと思います。
少なくともは高校まではほとんどの人が自動的に行っているのですから、この就活だけは初めて自分ですべてを決めて自分で選択をするという実は大変な作業です。

何のために働くのか、というそもそもの問から自分が何をしたのか、という問いまでいろんなことが考えられますが、すべて自分が決めることです。
これは難しいです。
働いている人すべてが自分で決めたわけではないという人もいますが、それでも「誰かのせいにする」ことでその仕事をしている人はいないと思います。

ですから、就活をするときはやはり自分自身の中で納得した上で行動するべきだと思います。
どのような形でも自分が決めて前に進むためにも重要なことです。