就活中の授業の取り方

就活と学業を両立させる大学3年生の後期や4年生の前期辺りは、かなり忙しいスケジュールをこなすことになるでしょう。この段階ではまだ取り終えていない授業がある人も多い筈です。
肝心の授業と説明会や入社試験の日程が被ってしまうこともありますよね。
授業の取り方でオススメするのが、就活できる日を週に2日は作っておくことです。つまり、授業を入れていなかったり午前中だけにしておくなどして時間割を作るのです。
そうすれば授業のコマ数を確保しつつも、企業へのアクセスのしやすさが向上します。説明会は都合のいい日程を幾つか選べる場合が主ですし、面接も授業がない日に行えば負担もありませんからね。
時間に余裕を持つことでエントリーシートや試験勉強をすることができるという効果もあります。そうすれば学業と就活を同時にこなしていてもメリハリがつきますし、精神的にも楽になるのではないでしょうか。
週にたった2日就活日を作ると、単純計算で一ヶ月にすると8回になります。これを利用すればあまり詰め込み過ぎない、無理のないスケジュールができることでしょう。
ぜひ試してみてください。