就活時の面接対策について

大学の就活は公務員が主でした。

公務員試験は日程が決まっているのでそれに合わせたスケジュールが組みやすくて特にそれ以外はしていませんでした。

ただ、公務員試験の対策に不安が残り、さらには4年を迎えても未だにスーツを着て面接を一切していないというのは危険だと思ったので合同説明会に出ることにしました。

就活において重要なのは「面接経験」だと思います。
試験対策なんて参考書を読んでいれば何とかなりますが、面接は経験数がモノを言うと思っていますから、出来る限りいろんな人と話をして、面接慣れをしておくことが大事です。

特に学生の内は同年代との会話は何とかなるのですが、面接をするのは年上ですから年代を超えた会話に関しては難がある人が多いです。
ですから、合同説明会のように社会人と話す機会やセミナーなどにも出かけてできる限り世代の違う人との会話をするように心がけました。

会話なんて慣れれば何とかなります。
ですから、普段から人と話す以上の面接対策はないと思います。