就活生に送る、企業分析のススメ

就活をするには当然入りたい企業の事を調べなければなりませんが、あまり調べないで就活をする人が
結構います。大体どんなことをしているかとか、大きい会社なのか、ぐらいでは足りないので、綿密に
企業を分析する事をお勧めします。

流石に全く知らなくて応募する人もいないと思いますが、中まで詳しく知っていれば後悔する事に
なりません。何かの製品を作っているとして、どんな工場で作っているのか、中の技術はどんなものか、良い所悪い所はどこか、自分が入ったら具体的に何をするのか。そう言った事を知っているといない
では、面接に臨む姿勢も、入ってからの活躍も違ってきます。

仮にどこかの会社に魅かれたとしても、そのライバルである会社の方がもっと良いかも知れません。
更に新しいモノを作っている別の会社もあるかも知れません。そういう情報も企業分析の一つになり
ます。

良い会社に入れたとしても、いざ仕事が始まったら思ってたのと全然違う、というのはありがちな
話です。何年も務める事になると思いますから、就活の段階で分析をしてしまえば、後になる程
その分析は役に立ってきます。面倒がらずにやっておくとメリットは多いです。