就活面接ではプラスアルファはいらない。

就活でさけては通れないのは面接です。うまくやる方法などが色々とあり、テクニックで乗り切る人も
いるかと思いますが、面接は余計なプラスアルファを狙わない方がうまくいく確率は高いと言えます。

プラスを狙う場合は、沢山アピールしたり、思わず面接官が唸ってしまうような答えをしたりを目指します。ですが、会社の側は特別な能力を求めている訳でもありません。特に若い場合は常識などの一般
的な部分が重要視されます。

それはそうですよね。ゼロではありませんが、学生のウチに高い能力を発揮したりする人は限られて
います。そういう人なら助かる会社もあるでしょうが、居ないのも知っているので、そう言う人を
探したりする面接官はすくないでしょう。

それよりも遥かに印象が重視されます。この人はちゃんとした人なんだろうか、真面目なんだろうか
という事が知りたいですよね。実際に面接官の話を聞くと、良い事を言っている人よりも、悪い部分の
事の方がよく覚えていると言います。

プラスは思っている程の効果がなく、マイナスは必要以上に減点になっています。なのでアピール
するのであれば、私はちゃんとした人です、とした方が良いですね。