就活面接の自己紹介について

就活面接は、いくつかの段階に分解することができ、その段階ごとに適切な対策を講じていくことが重要となります。その段階の中でも最初に行うのが、自己紹介ですが、この自己紹介は第一印象を決定付ける大切な役割を果たしますので、しっかりと準備をしておきましょう。

1.簡潔さを意識する
自己紹介というと、長々と話してしまう人も少なくありませんが、実は面接官に強くインパクトを与えるためには簡潔に短く伝える方が効果的です。
なぜなら長く話してしまうと、その話の中でどの部分が重要なのかが伝わりづらくなってしまうためです。

2.相手は自分を知らない
面接時に勘違いしてしまう例としてたびたび挙げられるものに相手がまるで自分の知人かのように話を進めてしまうということがあります。
基本的に面接官とは初対面の関係にありますので、相手は自分のことを何も知らないはずです。その点をしっかりと前提として意識し、自分がどういった人間なのかを伝えていくことで、一人よがりの面接になることを防ぐことができます。