就活面接は本音がいい?

就活の過程の中でも最も苦労しやすいとされる面接では、就活生がさまざまな面から対策を考えています。例えば、面接時には体裁を意識した会話内容にすべきなのか、できるだけ本音で語ったほうがよいのかという問いは永遠の課題であると言っても過言ではありません。
では、実際に本音で語った場合、どのような効果が期待できるのでしょうか。以下で挙げていきます。

1.自信の表れにみえる
面接の場で自分を包み隠さず本音で話せるということは、相手から見ると自信のある人物に見えます。社会人として働くに当たっては自信を持つことは重要なポイントの1つでもありますので、この点においては大きなメリットと言えます。

2.空気が読めないと思われる可能性
企業は組織であり1人で活動するものではありませんので、組織の調和を乱すような人材を採用するわけにはいきません。そして、あからさまに企業の悪い側面や自分の苦手分野などを本音で話してしまうような人は空気が読めず、組織に悪影響を与えると判断される可能性があります。
これは致命的な評価であり、採用される可能性はかなり低くなるというリスクになります。